秋色の千畳敷、今が見頃です

(写真出典:駒ヶ根市観光協会ライブラリー)

秋の千畳敷は、ぜひ足を運んで欲しいスポット。

標高約2,600メートルの中央アルプス千畳敷。
今年は例年より一週間ほど早い紅葉の始まりです。
9月中旬から、ダケカンバ、ナナカマド、ハイマツなどが色づきはじめました。
赤、橙、黄色の錦秋が青空との対照的なコントラストで、美しく景色を染めています。
見頃は、10月中旬過ぎまで。

下界とくらべ、かなり冷え込みますので、寒さ対策を忘れずにお出かけください。
紅葉を楽しんだあとは、駒ヶ根高原の温泉や、地元名物のソースカツ丼を楽しむのもおすすめです。


ロープーウェイの乗り場まで、約30分の道のりはマイカー規制区間。
バスでしか行けないと思われがちですが、実はタクシーでも行くことが出来ます。

4人で乗り合わせれば、バスを利用するのと料金はほぼ変わらず、普通車4名様ご乗車で、お一人約1,000円。
駅まで、ホテルまで、どこへでも自由な時間に手配して頂くことが出来ます。

※ バス・ロープウェイは通年の運行ですが、雨量、強風など天候により運行が休止となることがあります。