光前寺の初詣

 2016.12.1更新

駒ヶ根市光前寺 初詣

光前寺は、天台宗の別格本山の寺院。
毎年二年参り、初詣では、県内外からの多くの参拝客でにぎわいます。
12/31、大晦日の夜は、23:45から除夜の鐘が鳴らされます。

行列になるため、本堂に着くまで時間がかかりますので、(とくに12/31〜1/3)、防寒対策はしっかりとしていきましょう。標高が高いこともあり、かなり冷え込みます。

◯ 光前寺について

平安時代に開山された天台宗別格本山。武田・羽柴・徳川家などに保護された古刹で、現在も10余棟の堂塔が残る。約6.7haの境内全域は「光前寺庭園」として国の名勝に指定。
4月の枝垂れ桜、6月のツツジや秋の紅葉が見事だ。参道脇の石垣は珍しいヒカリゴケの自生地になっている。
霊犬・早太郎[はやたろう]の伝説でも知られ、本堂には木像が、境内には墓と石像がある。

◯ 初詣情報

・初護摩祈祷/2017年1月1日0時~/1年の最初に行う護摩祈祷(本堂内参拝は不可)

(混雑時間)

12月31日23時~1月1日2時、1月1日は8~17時、2日は9~17時、3日は9~17時

(ご利益)

災難除、厄払

ご参拝の際は、ぜひ赤穂タクシーをご利用ください。